溶接棒のSDSにはマンガンが含有されていませんが


マンガンの含有が明示されていない場合でも、実際にはマンガンが含まれ、溶接ヒューム中に一定の比率でマンガンが測定されることがあります。

また、空気中の溶接ヒュームの濃度は、溶接方法や諸条件によって大きく異なるため、実際に測定してみなければ溶接ヒューム中のマンガン濃度を把握することは困難なため、改正法ではマンガンの含有率によって「金属アーク溶接等作業」に該当しないと判断されません。
参考:パブリックコメント結果
「労働安全衛生法施行令の一部を改正する政令案に関する意見募集について」に対して寄せられたご意見等について(令和2年4月22日,厚生労働省)


改正法の施行後1年間の猶予期間がありますが、既存の金属アーク溶接等作業については、この猶予期間に「溶接ヒュームの濃度測定」及び「測定結果に基づく保護具の選択」を行う必要があります。お気軽にご相談ください。