「溶接ヒューム」に該当するものは?


金属をアーク溶接する作業、アークを用いた金属の溶断作業やガウジングする作業で発生するヒュームが対象となります。
これらの作業を「金属アーク溶接等作業」と呼びます。

アーク溶接にはTIG(ティグ)溶接やプラズマ溶接などが含まれます。
これらはアークを用いることで金属蒸気が激しく発生するため対象となります。
なお、ガス溶接は金属の酸化による燃焼熱を用いて溶接を行うため、著しい金属蒸気の発生がないため、対象外となります。

また、レーザー溶接についても、アークを用いないため、金属アーク溶接等作業に含まれません。


改正法の施行後1年間の猶予期間がありますが、既存の金属アーク溶接等作業については、この猶予期間に「溶接ヒュームの濃度測定」及び「測定結果に基づく保護具の選択」を行う必要があります。お気軽にご相談ください。