アスベスト事前調査

アスベスト(石綿)事前調査


解体、改修工事に携わる人の健康を守ることは、その家族たちもアスベストから身を守ることになります。
環境に配慮し、人や街をアスベストから守りましょう。



  • 解体や改修については事前調査が法令で義務付けられています。しかし、十分な調査が行われずにアスベストを含む建材を解体したことで、その建物や周辺環境、あるいは地域住民に対してアスベストを飛散させたケースが散見されました。
    そのため、国は法改正による規制強化を行いました。解体工事や改修工事に関わる範囲の建材について、アスベストの含有有無を事前に調べておき、調査結果の届出※を行うことが必要となります。




石綿に関する法改正が行われ、建設物の解体改修工事開始前の調査対象などが強化されます。

  • 一定規模以上の工事は、事前調査結果の届出が必要になります。
  • 資格者による調査が必要になります
  • 平成18年9月以前に着工した建築物等は、現地調査が必須になります
調査は特定建築物石綿含有建材調査者にお任せ下さい!

詳しくはPDFをご確認ください。


アスベスト(石綿)事前調査の流れ


アスベスト(石綿)分析の流れ

お客様が採取された建材等についても、短期間でアスベスト(石綿)含有の分析を行っています。

アスベスト分析の流れ アスベスト分析の流れ
  • アスベスト分析
  • アスベスト分析
  • アスベスト分析
※実際の分析は、協力会社(ユーロフィン日本総研㈱にて行います)
定性分析、定量分析をご指定ください。



建築物石綿含有建材調査者 
1名在籍
建築物に使用されている石綿含有建材等に関する調査を精密・正確に実施する専門家です。
国や公共施設を調査する場合は、建築物石綿含有建材調査者があらかじめ資料調査を行う必要があります。
アスベスト分析



アスベスト(石綿)含有のおそれのある建材(例)

飛散性レベル1:吹付け材


  • アスベスト分析吹付け材(バーミキュライト、パーライト)
  • アスベスト分析吹付け材(吹付けロックウール)

飛散性レベル2:保温材・耐火被覆材・断熱材

  • アスベスト分析断熱材(煙突用断熱材)
  • アスベスト分析耐火被覆材(けい酸カルシウム板)
  • アスベスト分析断熱材(煙突用断熱材)

飛散性レベル3:その他アスベスト含有建材(成形板等)

  • アスベスト分析石綿含有仕上塗材(工法問わず)
  • アスベスト分析内装材(吸音天井板)
  • アスベスト分析床材 (ビニル床タイル)
  • アスベスト分析外装材(石綿含有けい酸カルシウム板第1種)
  • アスベスト分析屋根材 (屋根用スレート)
  • アスベスト分析外装材(スレート波板)
  • アスベスト分析煙突材(セメント円筒 )
※写真はイメージです。

飛散性のレベル:建設業労働災害防止協会による石綿含有建材別作業レベル区分
・レベル1:発じん性が著しく高い作業
・レベル2:発じん性が高い作業
・レベル3:発じん性が比較的低い作業

出典:目で見るアスベスト建材(国土交通省)
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha08/01/010425_3/01.pdf

建材の種類と各種法令の対応表

皆様にとって、明日がベストなものになりますように